スイスの時計産業

スイスの時計産業

スイス時計と「スイスメイド」賞は、時計の分野における品質の代名詞です。スイスは400年以上も前から時計の製造に携わっており、今でも多くの有名なブランドが拠点としています。

高品質に製造されたキャリバー(手巻き式)、自動巻き時計、洗練された複雑な機構は、スイス製の得意とするところです。特に高価格帯の高級時計では、スイス製の時計が圧倒的な人気を誇っています。

時計の歴史と美しさに興味がある方は、シャトー・デ・モン(Château des Monts)を訪れてみてはいかがでしょうか。1790 年に建てられたお城の中にあるル・ロックル(Le Locle)時計博物館には、想像を絶するほど美しい時計箱が展示されています。展示室を歩いていると、時計がカチカチと音をたてる様子を見ることができ、訪れる人を楽しませてくれます。神秘的な場所で神秘的な時間を。発明家、芸術家、思想家の魅力的な世界をご覧ください。大型時計やオートマタのコレクターの情熱と情熱を共有しましょう。未来に踏み出す勇気を持ちながら、何世紀も前の文明の時代への旅に浸ってみませんか。

出典:www.myswitzerland.com、スイスツーリズム

STUDER WireDress®

STUDER WireDress®

最新世代のメタルボンド砥石の機上ドレッシングテクノロジー

セラミック、タングステンカーバイド、硬化鋼の研削には、極めて硬度の高いダイアモンドやCBNが砥石の砥粒として使用されます。従来の研削プロセスでは、砥石のボンドとして よくレジンやセラミックボンドが使用されていました。このような研削事例の場合、精度と対費用効果を同時に向上させる方法として、メタルボンド砥石を使用する方法があります。しかし、このメタルボンドでは、機上でドレスできない、平均的な切れ味しか望めないという不利な点がありました。

新しいSTUDER-WireDress®ドレッシングテクノロジーを使用することで、研削盤上で実際に加工する周速でドレッシング、プロファイリング、目立てを容易にかつ最高精度で行うことができます。また、このドレス方法では砥粒間の空間比を大きくできるため、切れ味を向上させることも可能です。

WireDress®はSTUDER円筒研削盤S22とS41のドレッシングオプションとして使用していただけます。

STUDER WireDress®の詳細情報

pdf, 3 MB
ダウンロード PDF: WireDress®
Download
Startseite
Global Group
de Change Language