Surface & Profile

MÄGERLE BLOHM JUNG

Cylindrical

STUDER SCHAUDT MIKROSA

Tools

WALTER EWAG

UNITED GRINDINGデジタルソリューション

次世代の産業革命 – インダストリー4.0

インダストリー4.0はひとつのビジョンです。しかしその背景には何があるのでしょうか。UNITED GRINDINGはこのテーマに徹底的に取り組み、このビジョンに何が含まれ、インダストリー4.0がUNITED GRINDINGでどのように実現されるかを示します。

どこでもインダストリー4.0の話で持切りです。これは第4の産業革命を意味します。機械化、電子化、自動化に続いて、いまデジタル化の時代になっています。機械とその部品が、互いに、及び周囲の装置とデジタルで連結されます。このネットワーク化には、プロセスの簡素化と最適化を通じてバリューチェーンを最大にしようという目標があります。スマートファクトリーとも呼ばれるデジタル化された工場では、不意に機械が静止するようなことはもはやなく、リソースが最適な形で利用されるようになります。

 

ネットワ―ク化、集約、分析

今日は人々の半数がオンラインにいます。World Wide Webを通して通信しているのです。しかも益々多くの装置とシステムが相互にネットワーク化されています。機械のデジタル化とネットワーク化にはとてつもない可能性が含まれています。いろいろな領域の専門家たちが、年間1000億ユーロの売り上げをもたらす市場ができると考えています。はっきりしていることは、«ビッグデータ»、すなわち巨大な量のデータを集積して、特定の目的で解析し、プロセスに取り込むと、そこから大きな効果が得られるということです。この課題は産業と社会にとって大きな挑戦となっています。UNITED GRINDINGではどのように取り組むのでしょうか。

 

解決のカギは、焦点化です!

スマートファクトリーが一日で突然生まれることはありません。適切な分野に焦点を絞ることが重要になるでしょうと、Fritz Studer AGのプロジェクトリーダーであるクリスティアン・ヨーシは説明します。UNITED GRINDINGでは、どのような開発もお客様のために行うということが原則になっています。«私共はお客様と一致協力しながら作業を進めます»と、ヨーシはさらに説明します。しかしUNITED GRINDINGは具体的にどのようなことに取り組んでいるのでしょうか。

 

焦点: 簡単で安全なネットワーク化

インダストリー4.0の基礎となるのは、機械、ロジスティクス、製品、お客様の業務システム (ERP、 SAP) のネットワーク化です。ここでは言語の統一が必要です。これは世界中で利用されている単純で安全なソフトウェアインタフェースOPC UA (Open Plattform Communication Unified Architecture) を用いることで実現されます。例えばSTUDERではOPC UA規格を機械用ソフトウェア「StuderWIN」に組み込んでいます。そこでは機械が次の二つの役割を担うことができます: OPC UAクライアントとサーバです。このことによってSTUDERの機械は、デジタル化された工場の環境に簡単かつ確実に接続できます。

 

 

The system

焦点: 不意に機械が静止するような事態の排除

もうひとつ焦点となっているのは、不意に機械が静止することです。UNITED GRINDING Groupはグループ全体としてこのテーマに取り組んでいます。目標:お客様がUNITED GRINDINGデジタルソリューションにより、生産の最適化をサポートするツールを得ることです。 つまり、計画の中にあり、計算に入っている場合にのみ、機械が静止するようにしようということです。この点でUNITED GRINDING Groupでは、«Predictive Maintenance»、すなわち予見メンテナンスの原則に従って作業を進めています。これを将来的に実現するために、個々の部品のデータを記録して分析します。個々の部品について明確な像を描くには、様々な測定変数が必要になります。このためには絶えず学び続けることが必要であり、これは絶え間なく実行されるプロセスです。«明確な見方ができて初めて、適切な戦略や対策についてのしっかりとした計画と、それに相応しいツールの開発ができるようになります»とヨーシは確信しています。UNITED GRINDINGデジタルソリューション内の他の製品として、リモートサービスがあります。これは、予見メンテナンスがあるにもかかわらずある部品が機能不全になるようなことがあっても、ボタンひとつで管轄のカスタマーケア組織に通知が行われ、お客様に最適な支援が提供されるというものです。

 

そこで中心になるのは誰なのでしょうか。

新しい技術とデジタル化を導入しても、お客様の利益から目を離すことは許されません。UNITED GRINDINGは個々のお客様の求めているものを常に中心に置いています。新しいテクノロジーとデジタル製品は、結局、バリューチェーンにポジティブな影響を与えるものでなければなりません。ところで、デジタル化された工場において人間はどのような役割を担うのでしょうか。«確かに人々の求めるものは変化し、能力にも変化が起こります。しかし将来も、人間がシステムの本質的な要素となるのです»とヨーシは確信しています。第4次産業革命も結局、人間のためのものであり、その逆ではないからです。

 

 

 
 
We use cookies to optimize the functionality of the website and for web analysis. If you use our website, you agree. For further information, including revocation of consent, please refer to our privacy policy (see 法律要件).
I agree