アイガーグレッシャー(氷河)とメーンリッヒェンへのケーブルカー/第1部 - 計画の立案

2012年には、グリンデルヴァルト・グルンドの谷の駅から2つの山の駅への分岐が計画されました。27席のゴンドラが40秒間隔で発車し、アイガーグレッシャーとの間を往復します。同じ谷の駅とメンリヒェンとの間には、8席のケーブル鉄道が運行されています。公共交通機関での到着を容易にするために、グリンデルワルトのローテネグ地区にベルナーオーバーランド鉄道の停留所が建設されます。これにより、列車で到着した乗客はケーブルカーに直接乗り換えることができ、グリンデルワルト村までの不必要な迂回路を回避することができます。移動時間が短縮されます。将来的には、ベルンからアイガーグレッシャーやメンリッヒェンまで2時間以内で行けるようになります。ベルンからユングフラウヨッホに向かう人は、2012年よりも50分早い2時間半でヨーロッパで一番高い駅に到着することができるようになります。

様々な輸送代替案をテストしました

グリンデルワルト-メンリヒェンヒェンケーブル鉄道とユングフラウ鉄道が共同で渓谷駅に資金を提供することが計画されています。メーンリヒェンへの分岐はグリンデルワルト-メンリヒェンケーブル鉄道が、アイガーグレッチャーへの分岐はユングフラウ鉄道が運行します。両社はこのプロジェクトの総費用を約2億フランと見込んでいます。シナジー効果によるコスト削減が見込まれています。

ユングフラウ鉄道は、ケーブルカー運航のために必要なオフィスが9つ減ることになります。また、新しい車両を調達し、それに応じて業務を適応させるため、さらに33名の人員削減が行われます。ユングフラウ鉄道は、人員削減と定年退職により人員を削減します。ユングフラウ地域の観光産業がケーブルカーによって活性化され、その結果として雇用が創出されることが期待されています。

その後、2016年に予定されていたケーブルカーの開通に向けて、翌年中に計画申請が提出されました。支線は徐々に運行を開始する可能性があります。ユングフラウ鉄道とグリンデルワルト-メンリヒェンケーブル鉄道は、影響を受ける土地所有者、山岳地域社会、当局、環境保護、保護団体との対話を重視しています。

新型車両

ユングフラウ鉄道は、ヴェンゲルナルプ鉄道と新ケーブル鉄道の運行コンセプトを作成しました。将来的には、一部の乗客はヴェンゲルナルプ鉄道ではなく、ケーブルカーで輸送されることになります。切替に伴い、歯車式の登山鉄道の能力が低下します。ユングフラウ鉄道は、ヴェンゲルナルプ鉄道の既存路線を継続して運行し、パノラマ鉄道を6両追加取得します。1940年代の車両は使用されなくなります。ケーブルカーでアイガーグレッシャー駅に直接アクセスできるようになることは、ユングフラウ鉄道の運行コンセプトにも影響を与えます。これにより、ユングフラウ鉄道の定員は20%増加し、同時に所要時間も短縮されることになります。これを実現するために、3部式低床多関節車両4両を購入することになりました。

出典:v-bahn.jungfrau.ch

multiControl マルチコントロール

新しい機上測定プロセスであるマルチコントロールは、ワーク径の絶対値測定を可能にしました。STUDERは手動式のマイクロメータを使用した機外測定に代わるものを開発しました。マルチコントロールは、特に自動搬送システムと組み合わせることで、その利点を発揮します。

STUDERが最初にS33に提供するコントロールシステムは、ユーザーにとって様々なメリットをもたらします。再測定のためにワークピースを機内から取り外す必要がなくなりました。ワークの取外しは誤差の一因となります。直径が大きすぎる場合は、再研削動作を自動で行い、もし、径が小さすぎる場合は、ワークは不合格となり、ロボットが新しいワークを搬入出します。また、新しいシステムでは測定データをPDFまたはExcelファイルに自動記録することができます。このようにして、無人の夜間シフトを監視することができ、特定の部品が不合格となった理由を確認することができます。また、砥石台上の測定プローブによる測定であるため、測定に必要なツールの調整はプローブを付け替えた直後の調整の身になります。マルチコントロールは、差分だけでなく実際の値も監視できる経済的なプロセス監視システムで、図面上の絶対値に基づいたプログラミングが可能です。

pdf, 897 KB
研削事例: 円筒研削
Download
pdf, 2 MB
マルチコントロールに関する詳細情報(PDF)
Download
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language