Surface & Profile

MÄGERLE BLOHM JUNG

Cylindrical

STUDER SCHAUDT MIKROSA

Tools

WALTER EWAG

内蔵された放電加工ドレッシング技術 – WireDress®

機械に内臓された、放電加工のドレッシング技術、WireDress®がメタルボンド砥石の研削に全く新たな可能性を開きました。これにより、非加工時間が大幅に短縮されます。

メタルボンド砥石は機械加工の困難な高合金・焼入鋼、硬金属、セラミックなどのワーク加工に使用されます。砥石のフォームや熱性に高安定性が要求されるからです。しかし、メタルボンド砥石の使用には、不利な点もあります。それは、砥石のドレッシングに非常に手間がかかることです。 そこで、ドレッシングには機外のドレッサーが使用されますが、取り扱いもロジスティックスの点からも非常に面倒です。 複雑で繊細な輪郭のドレッシングは今まで、経済的に採算がとれませんでした。

しかし円筒研削盤とそのコントローラーに完全に内蔵されたSTUDERのWireDress®が、全く新しいドレッサーとして市場に登場しました。おかげで、外付けドレッシング後の再組み立てにおける面倒な砥石の取り外しと再取り付けが省略されます。

WireDress®の大事な特色:

  • ドレッシング用工具の磨滅無し - 非接触ドレッシング
  • 高精度で複雑な輪郭ドレッシング
  • メタルボンド砥石の研削能力が最大30%まで向上
  • 最高度の研削性が直ちに実現 – 研削力の低減
  • ダイアモンドまたはCBN粒子焼結メタルボンディング((CBN = 立方晶窒化ホ.ウ素)
  • ドレッシング工具コストと操業コストの低減

WireDress® はS22S41の研削盤でご利用いただけます。