詳細

新しいSTUDER favorit

このCNC複合円筒研削盤は、単品生産からシリーズ生産部品の研削用に設計されており、自動化対応も可能です。 測定システム、バランシングシステム、接触検知機能、長手位置測定等の様々なオプションにより、さまざまな研削タスクにフレキシブルに対応することができます。

favoritはとてもお値打ちな機械です。 すべてのSTUDER 円筒研削盤と同様に、実績ある確固としたGranitan® 製のマシンベッドが、最高の精度、性能、安全性を保証します。 研削プロセスが良く見える、最適な視野を確保したフルカバー 3° ごとに自動的に旋回位置決めできる砥石ヘッドは、ベルト駆動の外径および内径研削スピンドル、それぞれに対応できます。

370mmに拡張されたX 軸により、ドレッシングスピンドルは砥石ヘッドと衝突することなく、ワークヘッドまたはテールストックの後ろに配置することができます。 そのため、加工レイアウトチェックは過去のものになりました。 ドレッサーはTスロット溝上で手動移動可能です。

STUDER favoritには、独立した冷却潤滑タンクとその温度制御ができる装置があります。 Z軸スライドでの想定される変形が解消できます。 同時に、オプション仕様の「アクティブ温度制御」はマシンをより速く稼動温度まで上昇させることができます。

実績のあるStuderPictogramming を使用した実践志向のSTUDER 研削ソフトウェアのおかげで、経験の浅いユーザーでも研削とドレッシングのサイクルを迅速かつ実用的な方法でプログラムできます。 現代的でユーザーフレンドリーな設計のおかげで、作業者がマシンを容易にそして直感的に制御することを可能にするタッチスクリーンパネルが装備されています。 マシンの背面と右側面にある作業扉は、人間工学を考慮し設計され、使いやすさを保証します。 STUDER 製品の開発、製造、組み立ておよびテストはプロセス指向であり、VDA 6.4 およびISO 9001 の厳密なガイドラインに準拠しています。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language