1912年設立 - Fritz Studer AG ステフィスブルクで。
はじめに

1912年以来、STUDERは研削の歴史を築き上げてきました。 小規模企業から、STUDERはおよそ800人の従業員を持つ国際的な会社へと発展しました。 Fritz Studer AGは、24,000台を超えるシステム構築を通じて得られた経験に基づいて、マーケットにおける地位を確立しています。 当時の開拓者精神は、現在の製品にも反映されています。 品質と技術革新の多様性がこれを明確に証明しています。 1994年以来、STUDERはUNITED GRINDING グループの一員です。

2018年以降
  • 400、600、1000、1600 mmの4種類の加工長を持つ新型複合外面円筒研削盤 S31 およびS33を発売(2019年)
  • STUDERは自社の製品ポートフォリオを拡大し、新しいマシン製品ラインナップを発表(2018年)
2017年 - 2019年
  • STUDERはメタルボンド砥石のドレッシングが機上で可能なドレッシング技術WireDress®を開発(2014年)
  • 短尺および超長尺ワーク向け S141 内面円筒研削盤を発売(2014年)
  • UNITED GRINDING グループの新しい機械デザインを、ハノーバーで開催されたEMO 2013(2013年)で発表
  • KÖRBER SCHLEIFRING と United Grinding Technologies USA が、UNITED GRINDINGグループに(2013年)
  • STUDERは世界最小の生産型機種である S11 を発売(2013年)
  • STUDERは創立100周年を迎えました(2012年)
2006年 - 2011年
  • 新型CNC複合円筒研削盤S41を発売(2011年)
  • STUDERとCombitecがノウハウを結集し、新しいCT製品ラインをビールに設置することで内面研削盤コンピテンシーセンター設立(2008年)。
  • STUDERは生産プラットフォーム S22(2008年)、複合加工機 S242(2005/2006年)、生産型円筒研削盤 S12(2004/2005年)を発売
  • Schleifringグループ全体でコーポレートデザインを新たに統一(2004年)
2001年 - 2005年
  • STUDER、複合円筒研削盤S33を発売(2003年)
  • 内面円筒研削盤S120、S151を発売(2003年)
  • VDA 6.4による認証(2002年)
1996年 - 2000年
  • Fritz Studer AG は KörberSchleifring グループの一員になりました(1994年)
  • 1 / 10'000°の分解能を持つ自動旋回B軸(1993年)
  • 最初の工作機械メーカーとして、STUDERはISO 9001 QS認証を取得しました(1990年)
  • セラミックスの高速研削HSG(1990年)
  • 技術サポートを伴うS35自己設定(1989年)
1985年 - 1971年
  • STUDERは、 世界初のCNC円筒研削盤を開発しました(1977年)
  • STUDERはミネラルキャストGranitan®S103(特許取得済み)製の機械ベースを開発しました。これ以来、すべてのSTUDER円筒研削盤の基礎となっています(1976年)
  • クイックチェンジャー EA300を搭載したノズルニードル研削(1971年)
1970年 - 1937年
  • RHU 450など、すべての機械の流体スピンドル軸受はこれまでにない精度を可能にしました(1965年)
  • アメリカへの初の輸出(1943年)
  • 中国への初のSTUDER輸出(1937年)
1936年 - 1912年
  • 世界初の油圧制御円筒研削盤(1936年)
  • ロシアへの初のSTUDER輸出(1931年)
  • 初の円筒研削盤 タイプ0A(1914年)
  • Fritz Studerによって創業(1912年)
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language