[Translate to Japanese:] [Translate to Japanese:] [Translate to Japanese:] [Translate to Japanese:] [Translate to Japanese:] [Translate to Japanese:]

当社の製品に込められた従業員の熱意

Denis, 機械設計エンジニア

Denis は、2017年からSTUDERで機械設計エンジニアとして働き、機械工学技術者(HF)としての学位卒業を控えています。「STUDERでは家族、仕事、トレーニングを良いバランスで調整できることのが嬉しい 」と、若い父親の彼は言います。STUDER円筒研削盤の顧客仕様のアプリケーションの設計に加え、彼の担当は、単純なセンターからクランプ装置、砥石台アセンブリまたは測定機の統合のための複雑な設計まで、あらゆるものを設計することです。「プロジェクトマネージャーや製品担当者との綿密な打ち合わせと、正確な作業が、私の職務において大変重要です。」と、Denisは説明します。新しいアプローチを開発し、既存の設計を最適化することは、スペシャリストとしての経験を積む上で特に楽しいことです。

Tobias, 研削エンジニア

Tobiasは短期間の中断を挟んで、11年以上STUDERで仕事をしています。彼のキャリアはEFZのポリメカニックとしての研修生からスタートし、その後、オーバーホール部門でメカニックを行い、その次にフローアセンブリ部門で研削技術者を数年間経験しました。現在、Tobiasはテックセンターで2年以上勤務し、顧客のために研削テストを実施しています。新しい技術の検証も、彼のおもな仕事の一つです。「特に、同僚や上司と一緒に問題解決に取り組み、難しい研削テストを "いじり回す "ことが好きです」とTobiasは説明します。特に、難しい課題を克服したときの達成感は格別です。

Marc、インストラクター

Marc は、毎日、外国の文化に触れています。 彼はサービスアカデミーで、United Grindingの技術者やお客様等、海外の様々な人々への、教育・訓練の企画および計画を担当しています。 「海外の人々との出会いは人生を充実したものにしてくれると考えています。」  Marcは休憩や昼食の時間を活用して、異文化を学び、話し合いの場を作っています。 講師 として働くには、 参加者の理解と知識をいち早く把握することが必要です。 コミュニケーションとトレーニング教材 は 様々な 文化に適応しています。  「このようにして初めて、  私たちのサービスの質の水準を世界中で統一することができます。」

Michael、メカニカルエンジニア

フットワークの軽さが、Michael  の自慢です。 彼は自転車とバイクの整備士、自動車組立工としての訓練を受けています。 また、農場で働いた経験も持っています。 STUDERでは、主に S121、S131、S141、およびS151の砥石ヘッドの製作に携わっています。 砥石ヘッドの完全な組立てには7日を要します。 «内面研削用砥石ヘッドは、初代のプロトタイプの時代から私が担当して 製作しています。 私はこれまでに100個以上の砥石ヘッドを担当してきました。 だから、自分で言うのもなんですが、私はこの分野のスペシャリストです」とMichaelは話しています。 トゥーン湖でひとときを過ごしたり、夜、新鮮な食材で料理したりすることでMichaelは仕事への活力を充電しています。

Andreas、サービス技術者

夜中、マニラのどこかで。 Andreas は運転手の叫び声で目を覚ましました。 タクシーは大きく横滑りし、何とかハンドルを切りながらクルマを安全な場所に停めるだけで精一杯でした。 巨大な台風が猛威を振る中、2人はここで台風が去るまでの5時間を過ごしました。 これはある10月の顧客現場へ向かう道中でのエピソードです。 幸いなことに、Andreasの仕事はいつもこれほど危険なわけではありません。 彼はカスタマーケア部門に勤務しています。 お客様の現場で機械を稼働させ、維持し、プロセスを最適化させることがAndreasの仕事です。「私の仕事では 出張が多いです。次の日の仕事がどうなるかわからないという緊張が大好きです。」 彼は開発にも参加した経験から、内面円筒研削盤を熟知しています。

ja