Vバーンでアイガー氷河とメーンリヒェンまで / 第2部 - Vケーブルウェイ開設に向けての道が開けた

グリンデルワルド・グルンドのふもと駅から2つの山の駅につながる分岐の計画があります。27席のケーブルカーがふもと駅から40秒ごとに出発し、アイガー氷河との間を行き来します。同じ谷の駅とメーンリヒェンとの間には、8席のケーブルカーが運行されています。公共交通機関での到着を容易にするために、グリンデルワルトのローテネグ地区にベルナーオーバーランド鉄道の停留所が建設されます。これにより、列車で到着した乗客はケーブルカーに直接乗り換えることができ、グリンデルワルト村までの不必要な迂回路を回避することができるようになります。

5年以上の計画期間を経て、2018年にようやくVケーブルウェイ用の掘削機が動き出しました。2018年5月末、スイス連邦運輸局(BAV)からプロジェクト全体の計画許可がおりました。2018年6月1日の計画許可に関するプレスリリースによると、プロ・ナチュラとスイスの田園保護財団からの条件は、BAVが順に条件として設定しました。

メーンリヒェン鉄道着工

グリンデルワルド・グルンドとアイガー氷河で初期工事が開始されました。最優先事項は、新しいグリンデルワルト-メンリヒェンのゴンドラロープウェイの建設です。このリフトは、2018/2019年の冬シーズンまで、変更なく運行されていました。その後、2019年夏の間は、2019年12月にグルンド終点から10人乗りの新しいゴンドラケーブルウェイで2019/2020年のウィンターシーズンを予定通りに開始するために閉鎖されていましたが、2019年12月には、2019/2020年のウィンターシーズンに向けて、このリフトの運行が再開されました。また、2019年12月には、ベルナーオーバーラント鉄道(BOB)の新しいロートネグ駅の開通により、公共交通機関への直結が行われました。

アイガーエクスプレスと駐車場の開通

グリンデルワルトからクライネ・シャイデックまでのヴェンゲルナルプ鉄道は、建設期間中、時刻表通りに運行されます。アイガーエクスプレスは、ターミナルのすべての部分(ショップ、レストラン、スキー場)と駐車場とともに、2020年12月に開通する予定です。アイガーエクスプレスとターミナルの建設工事も2018年夏に開始され、駐車場の営業は2019年夏に始まりました。

プロジェクトと工事の進捗状況に関する情報は、2018年7月中旬よりグリンデルヴァルト・グルンドのインフォメーションルームやオンライン(www.jungfrau.ch/v-bahn)で公開されています。

出典:v-bahn.jungfrau.ch

JIMTOF 2020

現在の状況のような時代は、私たちに多くのことを求めています。迅速な発想と革新的なアイデアが求められています。そのため、JIMTOF 2020は単なる中止ではなく、私たちはJIMTOFオンライン上で出展いたします。

JIMTOF 2020は、2020年11月16日(月)~11月27日(金)の12日間、オンラインで開催されます。世界8カ国・地域から393社(国内369社、海外24社)の出展が計画されています。

JIMTOF 2020への出展を心待ちにしており、皆様のご参加を心よりお待ちしております

JIMTOF 2020についての詳細情報

Startseite
Global Group
de Change Language