アイガーグレッチャーとメンリッヒェンへのVバーン/ 第3部 – ユングフラウ鉄道はVケーブルウェイで未来に向かって出発する

2020年12月5日(土)より、アイガーグレッチャーやクライネシャイデック周辺のウィンタースポーツエリア、そしてユングフラウヨッホ(Top of Europe)まで、より早く、より快適に、より質の高い旅を楽しむことができるようになりました。グリンデルワルド・グルンドのターミナルでは、ベルナー・オーバーランド・バーン(BOB)の駅と公共交通機関が直結しているため、スイス各地からの観光客は、アイガーエクスプレスを利用することで、47分もの時間短縮が可能です。

近代的なターミナルでは、数階にわたるショッピング、ケータリング、スポーツショップ、レンタルスキーなどが用意されています。車での移動をご希望の方は、1,000台以上のスペースを持つ立体駐車場をご利用ください(事前予約可)。2つのケーブルウェイ(アイガーエクスプレスとメンリッヒェンゴンドラ)は、1時間あたり4,000人のお客様を輸送することができます。

粘り強さと献身

ユングフラウ鉄道のウルス・ケスラー取締役は、4億7,000万フランのプロジェクトを完成させるために要した908日の工期を振り返りながら、「すべての参加者の見事なパフォーマンス」と語りました。連邦首相のウォルター・トゥルンヘル氏はスピーチの中で次のように述べています。「献身的な努力と信じられないほどの献身、持続可能性への多大な配慮と細部へのこだわりにより、山沿いに素晴らしいロープウェイが誕生しました」と述べました。

また、トゥルンヘルは、スイスの発展は、観光業でも他の分野でも、単独では進まないと述べています。「主導権を握り、粘り強くアイデアを追求し、周囲を説得し、挫折を乗り越えて、最終的にビジョンを実現する個人が必要なのです」。

ベルン州議会議員のクリストフ・アマン氏は、V-ケーブルウェイを「ベルナー・オーバーランドの名刺」、ベルン州を「国際的な魅力」と表現しました。状況が正常に戻れば、新しい観光インフラは「ターボ・ブースト」の役割を果たすでしょう。Jungfraubahn Holding AGの取締役会長であるトーマス・ビーガー氏も、「コロナウイルスの危機の後には、国際観光の新たな成長の時代が来る」と確信していると述べ。V-ケーブルウェイは今日の世代とそれ以降の世代に向けたものだとも述べています。

出席者を前に、ウルス・ケスラー氏は、V-ケーブルウェイのアイデアは、「立ち止まったり、栄光に甘んじたりすることは選択肢にはないという信念に基づいている」と述べました。また、コロナウイルスの大流行により、ユングフラウ鉄道は新たな大きな課題に直面しているとも述べました。「しかし、V-ケーブルウェイこそが、私たちに競争力を与え、想像を絶するほどの最前線で未来を切り開くことができるのです」とユングフラウ鉄道のディレクターは続けました。鷲がVケーブルウェイのルートを俯瞰する映像が流れた後、リボンカットが行われました。

持続可能性と最新技術

未来と次の世代を見据え、ロープウェイと新駅の設計・建設にあたっては、最新のテクノロジーが重視されましたが、ユニークな景観と持続可能性も忘れてはなりません。アイガーエクスプレスは、グリンデルワルトからアイガーグレッチャー駅まで15分で移動しますが、その際に必要な索道の支柱はわずか7本です。これはトライカブル(3S)技術のおかげで実現したもので、2本のトラックロープを使って、わずか数本の支柱で大きなスパンを横断することができます。このシステムは風の安定性も確保しており、森林を切り開く必要もありません。

環境保護のための工事監督の中で、農学者が実現した対策の成功を確認しました。例えば、既存の植物を再植したり、雷鳥の繁殖期を考慮した工事期間を設定したり、グリンデルワルドにミドリヒキガエルの繁殖池を新設したりしました。

経済的意義と観光の将来性

Vケーブルウェイは、経済的な観点からも重要である。一般的に価値の創造を高めることができる。グリンデルワルト市やユングフラウ地域の他の地域でも、追加の税収が期待できる。また、新たな雇用も創出されています。

Vケーブルウェイは、中長期的にユングフラウ地方全体の観光を成功させ、スイス観光の通年目的地となる。この地域がプレミアムデスティネーションへと発展するための基盤となり、国際的な競争の中で、スイスに近代的な公共交通機関を利用した冬と夏のトップデスティネーションを提供することになります。

メーンリッヒェンとクライネ・シャイデックの間や、アイガー北壁の下を通る人気のハイキングルートは、ロープウェイを利用することで、より早く簡単にアクセスできるようになります。アイガー・トレイルとユングフラウ・アイガー・ウォークのスタート地点は、新しい3Sアイガー・エクスプレス・ケーブルウェイのおかげで、乗り換えもなく15分で到着します。クライネ・シャイデックは、ユングフラウヨッホへの旅行者から解放され、ハイカーや登山者にとってより魅力的な場所になります。アルプスの出会いの場となるのです。アイガーグレッチャー駅はジャンクションや乗り換え地点としての重要性を増します。

https://v-bahn.jungfrau.ch/en

LaserControl

周知のように、研削機械の仕上げ加工では、寸法、形状、位置精度に関連した厳しい公差や、高精度な表面仕上げ面品質が求められることが多くなっています。これらの要件を満たすために、多くの場合、企業には培われた経験値があります。しかし、外部の測定機での中間測定とそれに対応する補正により、部品加工のリードタイムが長くなるため、特にバッチサイズが小さい場合には、機械上でのプロセス評価が求められています。これらの管理対策により、プロセスの信頼性と生産性を大幅に向上させることができます。理想的かつ望ましいのは、多種多様なワークピースに柔軟に対応できるソリューションです。

研削事例のダウンロード

pdf, 811 KB
Startseite
Global Group
de Change Language