詳細

STUDERは1000台目のS31を出荷しました。

Wuhan Hangda Aero Science & Technology Development Co., Ltd.は、中国のDongxihuで航空業界向けの高精度部品を開発しています。 同社は着実に成長しており、新しい精密円筒研削盤への投資を決定しました。 入念なレビューと技術的話し合いが終わった後、Fritz STUDER AGとS31の契約を締結しました。 特別なイベント: 2018年の終わりに、STUDERは1000番目のS31をWuhan Hangda に納入しました。

信頼性の高い、複雑な作業

S31は万能機で、中型ワークピースの単品生産から量産に適しています。 この機械はコンパクトなサイズを実現し、高精度な複雑なワークの研削作業をおこなうワークショップに人気があります。 現在までに1000台の機械に、2500トンのGranitan® ミネラルキャスト製ベッドが使用されてきました。このベッドは熱的安定性に優れ、スライドは摩耗レスです。 膨大なサクセスストーリー

2000年の変わり目に、スイスのSteffisburg にあるSTUDER工場から出荷された最初の円筒研削盤S31は、現在も稼働中です。 その機械はドイツのGeretsried にあるShvabeMünchenGmbHで稼働しています。 機械は外径、内面研削に当初からフル稼働しています。 試作品の仕上げ加工に、追加仕様としてフォーム研削とねじ研削も使用しています。「弊社で使用している他のSTUDER機と同様に、S31には、高い精度とその汎用性の良さに感謝しています。」とTobias Traut氏は続けます。 S31が、信頼性が高く、安定性のあるマシンであることを証明しています。

« 当社は納入したS31にとても満足しています »
Shvabe社の研削加工リーダは熱く語ります。

ユナイテッドグラインディング中国のSTUDERのシニアセールスマネージャーZhao Jianwei氏(右)は、Wuhan Hangda Aero科学技術開発有限公司の副ゼネラルマネージャーYongjun Wang(左)にスイスの鉱石を授与します。

中国での機械引き渡しセレモニー

Wuhan Hangda Aero Science & Technology Development Co., Ltd,の副社長Yongjun Wangは喜んでいます。 Wuhan Hangdaに最高品質をもたらすS31マシンを受け取り、 「STUDER円筒研削盤は最高品質を保証するものです」とYongjun Wang氏は述べています。 その大きな利点は、航空機部品の高精度研削に加えて、外径および内径の円筒研削、ねじ研削、高速フォーム研削などの多くの機能です。 そのため、Wuhan Hangda社は1台の機械でさまざまな研削用途を実現できます。「工場にはすでにSTUDERマシンがいくつかあります。 これは当社の顧客のための販売論でもあり、当社は信頼を得ています」とYongjun Wang氏は経験からそう述べています。 彼はSTUDERのS31、1000台目のお祝いを受けて喜んでいます。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language