詳細

  1. www.studer.com
  2. Fritz Studer AG
  3. ニュース&トピックス
  4. ニュース一覧
  5. STUDER - 360°全方位のソリューション 内面円筒研削盤

STUDER - 360°全方位のソリューション 内面円筒研削盤

最初の内面円筒研削盤、タイプ01がFritz Studer AGの構内から出荷されたのが1933年。 85年後、STUDERは研削盤12機種からなる、世界最大の内面研削盤ラインナップを発表しました。

Schorndorf (ドイツ)にあるKptec Components GmbH は、工具機械業界向けの部品製造メーカです。 主な製品は、スピンドル、ローター、スピンドルハウジング、ドローバー、フランジ部品です。 コア技術は研削です。 Kptec Componentsの取締役であるWalter Wiedenhöferは、シリーズ生産でマイクロ精度を達成するための、一番のチャレンジは研削あると明言しています。 スピンドル部品の生産では、1umの同軸度がキー技術になります。 クランプ機構の取付面部分のために、深さ400mmまでの穴をH6公差に合うように研削する必要がよくあります。 さらに、可能な限り経済的に機械で生産を行う必要があります。 いいかえると、加工部品は一度の段取りで可能な限り、すべてを仕上げる必要があります。 しかし、良い機械というのはフレキシブル性もあるべきであり、通常行わないようなスピンドルの溝部の加工も対応できる必要があります。 このような条件を満たす一つの機種は、S151複合内面円筒研削盤です。 フルスペックでは、内面研削スピンドルx3本、外径研削スピンドルx1本を装備でき、また測定プローブも付属することができます。 Kptec はこの機械の性能に納得しました。 このようにWiedenhöfer氏は述べました。:

« この機械は、私たちの会社にある機械でベストな機械です。STUDER機を購入したのは絶対的に正しい選択でした。 »

複合性

どんな内面研削に対してもSTUDERにはぴったりな機械があります。 複合内面研削盤としてはS121, S131, S141, 151があります。 お値打ちな複合内面円筒研削盤S121は、チャック部品の内径、端面そして外径研削に理想的な機種です。 S131, S141, S151は内面研削のあらゆる用途へのシリーズ機です。 例えば、フランジ部品、スピンドルシャフト、スピンドルハウジング、ローターシャフト、ブッシュなど、非常に高い精度と効率が要求される用途で使用されます。 最大ワーク重量は250kg、最大ワーク長さは1300mmです。

生産型機-さらに効率的な製造のために

S110はチャッククランプワークにとてもフレキシブルに対応でき、単品から少量シリーズ生産に理想的な内面円筒研削盤です。 小さなフロアスペースのおかげで、どんなワークショップにも適しています。 S122は小径の穴あけ加工に特化しており、テーブル上ワーク振り径は220 mmです。 小型から中型ワークピースの少量から量産に対して、最新の技術を提供します。 最大3本の研削スピンドルを直線的に配置でき、ワンクランプでの外径、内径研削が可能です。 「価格、品質、うれしい技術 - これらは新機種に対しての、私たちの評価基準でした。 最大の利点は、高い生産能力です。」と、Sellier & Bellot社の生産マネージャー、Miroslav Martinekは彼らの投資を決定した理由を説明しています。

3種類のラジアス内面研削盤

S121, S131, S141は ラジアス(R)、球形状、テーパー、内外径の高精度研削のエキスパートです。 最大テーブル上ワーク振り径は400 mmで、最大ワーク重量は100 kgです。 主な用途分野は、タングステンカーバイトやセラミック等の硬質材料部品の生産分野で、超硬材、鋳物、銅製のアキシャルポンプピントン、ガイドプレートの研削にも使用されます。 また、工業用セラミック、サファイアおよび超硬合金による医療用人間用インプラントの製造も用途に含まれます。 ダイレクトドライブの自動旋回B軸で高精度ラジアス(R)をインターポレーション動作(補間動作)をしながら研削できます。 ラジアス研削盤はStuderSIMソフトウェアによってサポートされています。 ラジアス研削機能付きS131がSchwäbisch Gmündにある AKS Hartmetalltechnik GmbH で稼働しています。 「洗練されたCNC技術のおかげで、ワンチャックで複数の作業ステップを処理し、絶対的な精度を達成しています。 この実績に私たちは大変納得しています。 また、セットアップ時間、メンテナンスコスト、非生産時間を計算できるようになりました。 さらに、STUDERカスタマーケアの迅速な対応の恩恵も受けています」と、プロダクションマネージャーの Edgar Feifel氏は述べています。

洗練された確固とした構造

内面円筒研削盤の基礎は卓越した振動減衰性を誇るGranitan® 製ベットと、StuderGuide®ガイドウェイシステムです。 その油静圧スライドの大きな利点は動作方向に対する減衰性です。 ドレッシングプロセスは、お客様のご要望に応じて、ワーク、工具、材材質の特性に合わせ、フレキシブルにかつ最適な選択をすることができます。 さらなるSTUDER機のうれしい点は、砥石の参照点(Tポイント)です。 この機能は研削プログラムを作成するときに、便利で容易なプログラミングを可能にします。 ワークヘッドは旋回可能なB軸テーブル上にあり、長手方向に移動させることができます。また、真円精度が高く、省メンテナンスです。 ワークヘッドにはエアーリフト機能があり、段取時、セットアップ時のワークヘッドの移動が容易にできます。

AEセンサ波形(接触検知用)が操作盤上の画面に表示されます。このことで研削時、ドレス時の砥石、ワークピースの接触を監視することができます。 この機能を使うことで、空送り時のサイクルタイムを削減できます。 モジュール式スピンドルコンセプトによって、お客様の研削タスクに合わせたぴったりの仕様が選択できます。 ダイレクトドライブ旋回砥石ヘッドB軸によって、最小の位置精度誤差が確保されます。ラジアス、複合研削盤(S110/S122以外) S122では、砥石アーバー振れ補正機能により、小径穴の高精度な加工が可能です。

自動化のためにローダーシステムも利用可能です。モジュール設計により本体側と加工プロセスも含め詳細に合わせることができます。 対応する周辺機器は、製造プロセスへのシームレスな統合を保証します。

内面円筒研削分野で世界最大規模の製品群

誰もが研削スペシャリストに

もはや研削盤を操作するのに、研削のスペシャリストである必要はありません。 あなたが知っておく必要があるのは、ワークの材質と研削プロセス後に必要なワークの表面品質です。 StuderTechnologyがプログラムに必要な、最適な研削パラメータを算出します。 StuderWINは、接触検出や砥石バランスシステムなどのプロセス監視のためのセンサー技術と寸法測定技術等、ユーザーインターフェース上での完全な統合を可能にします。 これにより、異なるシステムにおいても同様なプログラミングが可能になります。 StuderWINは研削ソフトウェアStuderPictogrammingによってサポートされています。 オペレータが個々の研削サイクルを指定すると、ソフトウェア側がISOコードプログラムを作成します。 オプションのねじ研削、フォーム研削ソフトウェアを使用することで、さらに機械の価値を高めることが可能です。 StuderSIMソフトウェアは、特にラジアス(R)内面研削用に開発されました。 研削、ドレッシング、そして測定等のプロセスサポートのプログラミングができます。 このタイプのプログラミングは、現場でのオペレータが操作しやすく設計されており、フレキシビリティの高さを保証します。 プログラミング後、実際の研削プロセス前にシミュレーションを行ない、プロセスを最適化することができます。 これにより、信頼性が向上し、短いプログラミング時間が保証され、コスト効率が向上します。

まとめ

STUDERの内面円筒研削盤では加工できないワークはほとんどありません。 スイスの円筒研削盤メーカとして、想像できるすべての使用に対し、適切な機械を提供します。 機械の最適なアルゴノミクスはオペレータにとって非常に楽しく、機械の価値をさらに高めます。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language