詳細

  1. www.studer.com
  2. Fritz Studer AG
  3. ニュース&トピックス
  4. ニュース一覧
  5. STUDER、SCHAUDT、MIKROSA ブランドの2018年のプレス・カンファレンス

STUDER、SCHAUDT、MIKROSA ブランドの2018年のプレス・カンファレンス

STUDER、SCHAUDT、MIKROSAのCEO であるJens Bleher氏は、年次記者会見で「顧客をより成功させる」と語りました。 これは、円筒研削スペシャリストが生産における彼らのフレキシブル性と革新への絶え間ない追求によって達成されます。 STUDER、SCHAUDT、MIKROSA がそれぞれの製品で業界をリードしているのは偶然ではありません。

新規受注

「当社の2017年計画を上回りました。」と、STUDER、SCHAUDT、MIKROSA のCEO であるJens Bleher氏 は述べています。 年次スタートとして、春の展示会は成功し、年末まで好調なトレンドが続いています。 6月にはすでに、STUDER は多くの受注を計画しています。 ほぼすべての業界からより多くの注文が寄せられました。 ディーゼル・スキャンダル後の減少は落ち着く見込みがあり、自動車業界では投資活動の大幅な正常化が確立される見込みがあります。 地域別のSTUDRER の受注分布は、西欧で最大の市場販売を示しています。 ドイツのビジネスは明らかに改善され、北米はその位置を維持しました。 昨年の好調な勢いの中で、中国は群を抜いていました。 ここでは、STUDER が自動車業界でいくつかの主要なプロジェクトを獲得しましたが、その他のアジア諸国の傾向はより持続的でした。

SCHAUDT MIKROSA は芳しくなかった2016年に比べると成長しています。 年初にすでに新規受注が入っており、年末までには大幅な改善が見られました。 特に、自動車分野では、需要が増大していました。「ドイツの主要顧客からは素晴らしい報告がありました」とJens Bleher氏 は喜びの声を上げました。 これは、地域分布でも表示されています。 SCHAUDT MIKROSA の注文の50% はドイツで、25% は中国からの注文が占めています。 他の可能性としてはドイツ以外の欧州と米国があります。

STUDER および SCHAUDT MIKROSA (v.l.n.r.) の取締役

Jens Bleher氏 (CEO)、Stephan Stoll氏 (COO)、Daniel Huber氏 (CTO)、Sandro Bottazzo氏 (CSO)

« 2017年の計画を上回りました。 »
Fritz Studer AG のCEO、Jens Bleher氏

カスタマーケア

過去最高の売上高を記録したCustomer Care はその強固な地位を再び支えました。 STUDER の組織の継続的な改善は成功を収めており、2017年にはすべての計画値を超えました。 サービス効率の向上とメンテナンス期限の厳守は、ビジネスのさらなる拡大の基盤を形成します。

SCHAUDT MIKROSA は昨年、主要な自動車機器サプライヤーの設備一新プロジェクトの機会を活用し、成功することができました。 カスタマーケアはマシンの隣の重要な柱として、その役割を果たしました。 世界中でカスタマーケアに200人以上の従業員を擁し、この部門はさらに強化され拡大されました。STUDER のCSO であるSandro Bottazzo は、次のように述べています:「私たちは従業員の教育に多くの投資を行っています」「とりわけ、サービス技術者には、キャリア開発ロードマップを作成しました」。 これにより、潜在的な開発分野はすでに若く潜在的な候補者に示されています。「私たちのサービスアカデミーでは、設備の整った部屋で従業員と代理店を最適に訓練し認定するための環境も作りました」とBottazzo(ボッタッツォ)氏は続けます。 STUDER はとりわけサービス技術者に以下の3つの主要なカテゴリーの認定を行っています: 基礎、上級およびエキスパート

特に記者会見では、システム保守とオーバーホール部門の2つのサービスが強調されました。 STUDER には、マシンに合わせて特別に調整されたサービスパッケージがあり、年間1,500人以上の顧客に利用されています。 オーバーホールおよび再構築部門では、年間20名以上の従業員が500のアセンブリと30を超えるマシンを修理しています。

STUDER - 市場における円筒研削盤のNo.1サプライヤー

Bleher氏とBottazzo氏は、STUDER が顧客を感動させることに尽力していると説明しています。 これは、STUDER の従業員のモチベーションを高めることでのみ、実現できます。 ここでも、STUDER は近代の雇用主として主導的な役割を果たしたいと考えており、今後数カ月以内にターゲットを絞った雇用主のブランディング・プロジェクトを立ち上げ、実行する予定です。 これは、資格のある従業員を見つけ、スキルの維持、向上をさせることを目的としています。

製造現場での明快な重点

「良くいることはさらに良くなることへの最悪の敵です」とSTUDER のCOO であるStephan Stoll氏 は警告します。 これを避けるために、Stoll氏は2018年に3つの優先順位を定義しています。

  • 強固な基盤
  • 最高の精度
  • 効率のベンチマーク化

「強固な基盤」

基盤は成長を形成します。 STUDER SCHAUDTとMIKROSA の従業員の10パーセントが研修生です。 スイスとドイツの二重教育システムは、企業の発展、そして経済の発展を確かに保証するものです。 «研削スペシャリストとしてのトレーニングはSTUDER にしかないことをご存知ですか?»Stoll氏 は誇りを持って発表しました。

「最高の精度」

精密な研削盤には高精度のコンポーネントが必要です。 それが、円筒研削盤が機械加工におけるコアコンピタンスを拡大している理由です。 これに対しては、2018年に計画している大型5軸ミリングマシニングセンターと、2台の旋削機能を盛り込んだ5軸マシニングセンター導入で達成されると考えております。 これは、この分野で最大の投資の1つです。 これらのシステムは、規格4.0 に基づいて工場をデジタル化するための理想的な要件を提供します。 また、測定機器に追加の投資することで最高の精度が得られます。

「効率のベンチマーク化」

効率はいくつかのプロジェクトで注目されています。 たとえば、STUDER の複合研削盤の新機種開発においてです。 STUDER、SCHAUDT、MIKROSA も、United Grinding Group が先導するインダストリー4.0 においていくつかのプロジェクトを実施しています。 タブレットを介してアプリ上で開始される「デジタル組み立てガイド」のように。 この機能は2018年からの円筒研削盤の製造で使用されています。 これにより、組立はペーパーレスで行うことができます。 同時に、これにより、プロセスと測定値が完全に文書化され、サービスを利用した場合にデータが迅速に利用可能になります。

2017年の生産概要では、印象的なイメージをご覧いただけます。 第2四半期から進むにつれ、簡単とは言えない問題にもうまく対応することができました。 世界で生産財産業がブームになり、様々な部品にボトルネックが生じたためです。 調達期間が12週間から50週間に延長されたため、生産にとっては特に困難でした。 しかし、納品時間を一定に保ちながら市場シェア拡大することは可能です。

資源としての技術

「スイスには、原油や金鉱がありません。 しかし、世界中で最も精密な研削盤があります。」とCTO、Daniel Huber氏は言います。 製造に携わるリソースは次のとおりです: ソフトウェア、デジタル化、センサーおよびクーラント。

「ソフトウェアの活発な開発」30日毎に使用可能な結果を提供する、スマートな開発方法。 成功は、チームと密接に協力し、定義された手順に基づいて実施されます。 これはソフトウェア開発の分野で使用されるだけでなく、今年の電気機械分野でも導入される予定の方法論的アプローチです。

「デジタル化」OPC UA 規格の導入に成功しました。 安全に接続することで、プロセス情報を簡単に外部システムに転送することができます。 顧客はさまざまな種類の信号に簡単にアクセスし、それらを自分のアプリケーションに統合することができ、常に機密データの管理者となります。

«センサー»インテリジェント・センサーは、機械部品の早期故障検出に関する洞察を提供します。 予測可能なメンテナンスに向けた重要な一歩です。 特別に開発されたセンサーは、砥石とドレッサー、ワークの接触検知等信頼できるプロセスを保証します。 データ分析は、長年にわたる挑戦事項となっています。 STUDER はこれを採用し、「Studer Sensitron 4.0」の開発に伴い、超音波検知を新しい次元に導入しました。 この技術の第1段階として、すでにS11 と新しい複合研削盤で使用されています。

«クーラント»STUDER は3Dプリンティング技術を扱うIRPD AG と共同で、層流が確保されるクーラントノズルを開発しています。 これによって、研削隙間に潤滑材に正確に届けられ、所望の位置での最適な冷却効果を達成することを可能にしています。 これにより、加工品質と加工時間が大幅に向上します。

研削分野のバロンドール

世界中でSTUDER だけが提供できるアプリケーションは STUDER-WireDress®です: これにより、これまで達成できなかった形状を効率的にそして非常に大きな研削能率で実現することが可能になります。 処理時間を短縮し、お客様を成功に導きます。「砥石の磨耗を75% 減らすことができました」感動したお客様は証言します。 今年はSTUDERから第2弾が発表されました 次世代を発表します。 新しいのは、WireDress® がコンパクトになり、ワークヘッドの後ろに配置できるようになったため、機械心間すべてをいつでも使用できることです。 このコンパクトなデザインは3Dプリンターでの積層造形技術により開発されました。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language