ライン峡谷(ルイナウルタ)

ライン河上流のフリムス周辺にある石灰岩の大峡谷。約1万年前の氷河期末期におこった大規模な山崩れで形成されたもので、自然の芸術というべきこの雄大な絶は、峡谷内を走るレーティッシュ鉄道の車窓からみたり、ラフティングで川下りしたり、ハイキングや自転車でも楽しむことができます

フォーダーライン(前ライン)といわれるライン川の上流地域にあり、地元住民は、レート・ロマンシュ語で、”瓦礫の山” を意味する「ルイナウルタ Ruinaulta 」と呼んでいます。

白い石灰質の奇岩が印象的な峡谷の景観は、氷河期末期に氷河が後退してできた渓谷に、フリムス近くのライン川沿いで発生した大規模な岩盤滑りで、約400メートルの高さから岩が崩れ落ち、約1000億立方メートルの破片がなだれこみ形成されました。崩落後に残った石灰岩の切り立った峡谷から、“スイス・グランドキャニオン”ともいわれています。

峡谷の中を川沿いギリギリを走るレーティッシュ鉄道の路線が敷設されるまで、ほとんど人が入らないエリアだったため、一帯は森に囲まれた美しい湖の数々、めずらしいランなどの希少な植物、絶滅危惧種の鳥類など、魔法の世界のような自然が残されています。


人気の展望観光列車「グレッシャー・エクスプレス(氷河特急)」も走るルートで、車窓から雄大な風景が楽しめます。高台につくられた絶景展望台「イル・スピル(ロマンシュ語でアマツバメ)」からの眺望もおすすめ。峡谷を見下ろす撮影スポットとして知られていたレストラン『コン』に2006年に設置されたツバメのような形をした展望台です。
 

アドベンチャー派にはリバーラフティングやカヌーもあります。峡谷の下を流れる川沿いには、堆積した砂の土手が、ゆるやかに曲がりくねった川の流れをうみだし、ライン川の急流と交互に楽しめます。豊かな自然あふれるルートはハイキング、サイクリングの愛好家にも人気です。

出展: ライン峡谷(ルイナウルタ) | スイス政府観光局 (myswitzerland.com)

工作機械用スピンドルの研削事例

研削事例はスピンドルです。 研削個所は 外径、端面、ベアリングテーパ面、ねじ部、スプライン溝です。これらすべての加工をワンクランプで行うことが可能です。 特にスプライン溝は、上下方向に動作するY軸に立型スピンドルを装備することにより、粗研削用砥石、仕上げ研削用砥石の2枚で高能率、高精度で研削することができます。日本のメーカでこの複合研削ができるメーカはありません。

詳細についてはこちら

pdf, 1 MB
pdf, 581 KB
de