詳細

ドレッシングテクノロジーWireDress®

CBN、ダイヤモンド砥粒を使用したメタルボンド砥石での研削の全く新しい可能性: これはSTUDER のWireDress® によって実現されました。 この革新的な機上ワイヤー放電ドレッシング技術は、非生産時間を大きく節約するだけでなく、メタルボンド砥石を研削盤上でドレスでき、最高の精度でフルスピードで加工することを実現します。

まず、このドレッシング技術はどのように機能しますか?

Fritz Studer AG の開発担当プロジェクトマネージャーであるMichael Klotz(ミヒャエル・クロッツ)は次のように説明しています: 「難削材を加工する場合、メタルボンド砥石ははるかに耐久性があり寸法安定性が高いことがよく知られています。 これに関する問題は、従来は非常に限られた方法でしかメタルボンド砥石をドレッシングすることができなかったことです。 さらに、従来の方法による高いドレッシング摩耗は低い研削能率とも関連しています。 これでは、安定した高い加工品質とユーザーフレンドリーなドレッシング技術とは言えません。 「最高の」ボンド材である、メタルボンドがほとんど使われない理由はこのためです。」

STUDER は、技術パートナーと共同で、研削盤機上でのWireDress® ドレッシング技術を開発しました。 この方法では、砥石の研削周速と同じ速度でドレッシングが行われます。 従来の機械的または外部EDMドレッシングとは対照的に、WireDress®ドレッシングは、研削油が誘電体として機能し、研削盤上でのワイヤー放電によって行われます。 ドレッシング工程は非接触で行われ、ドレッシングツールは磨耗レスです。 この場合、砥粒はドレッシングされませんが、メタルボンド層は除去されるか、または溶けはがれていきます。 砥石プロファイル形状にもよりますが、砥粒は単純にボンドが少なくなると脱落していきます、脱落していない砥粒は完全にシャープで切れ味の良い形状を保持しています。 砥石は砥粒が大きく出っ張った状態は、研削能率を向上させ、研削抵抗を削減し、研削焼けを抑制します。 メタルボンドの長所をWireDress® を使用することで発揮させることができます。 形状安定性が最高なメタルボンドの砥石を、ほぼどのような形状にも、ミクロン領域で高精度にドレッシングすることができます。 ドレッシングインターバルを長くすることも可能です。

さらにもう1つのプラス面: 今まで不可能あるいは非経済的であった、精密な、または微小形状の精密な加工も可能になります。 ビトリファイドボンド砥石での研削と比較すると、めざましく生産性が向上します。少なく見積もって30%以上向上し、レジンボンドの場合との比較であればそれ以上の効果が見込めます。 電着砥石では一度限界まで使用すれば、それで終わりですが、焼結メタルボンド砥石では、機上でドレッシングすることで、その限界を超えることができます。

« 今までの限界に恐れることなく挑戦し、 経済性を高めることを可能にする。 »
Fritz Studer AG の開発担当プロジェクトマネージャーのMichael Klotz 氏

WireDress ® - 新世代

ワイヤードレス®にはマイナス面がありました。 ユニットは多くのスペースを占有し、ユーザーはマシンセンター間距離全体を使用できませんでした。 STUDERは市場に新世代を投入しました。 WireDress®は、はるかにコンパクトになり、ワークヘッドの背面に設置でき、以前のモデルよりもフレキシブルで強力になりました。

これは、以前のモデルから変更されました。

  • これで、センター間距離全体の使用が可能となり、ワークヘッドの背面に配置されているドレッシング装置による制限はなくなりました。
  • 新世代のWireDress®は、前モデルより20%高速
  • WireDress®は自動的に2つの位置に旋回できるので、右、左側面のドレッシングが可能になりました。
  • 首振りできることから、長いショルダーや奥行きのある砥石プロファイルをフレキシブルにドレッシングすることができます
  • 最大B151(D151)までの砥粒サイズの砥石をドレスし、研削能率を最大化できます。(ボンドの種類にもよりますが)
  • 高度なセンサーモニタリング機能を装備

まとめ

WireDress®のおかげで、メタルボンド砥石のドレッシングは今や子供の遊びです。 STUDERは、これによりユーザーが超硬、鋼、セラミックを研削する際の生産性と精度を大幅に向上させることができると確信しています。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language