詳細

  1. www.studer.com
  2. Fritz Studer AG
  3. ニュース&トピックス
  4. ニュース一覧
  5. StuderTechnologyのおかげで誰もが研削スペシャリストに

StuderTechnologyのおかげで誰もが研削スペシャリストに

研削盤の数百のパラメータが円筒研削中の加工工程を決定します。 絶対的な専門家だけに差し控えられた複雑な手順。 それとも? 研削技術算出ソフトStuderTechnologyは、研削に関しての記録と同様に、上記意見をブレークスルーしました。 簡単に説明すると、ソフトウェアは円筒研削に必要なすべてのデータを自動的に決定します。 ほんの少しの入力で、プログラムは研削パラメータを算出して、最大限の送りで、すぐに最適の研削をします。 「研削は、プロセスがあまりに複雑なので、私は13年間ずっと、完璧な研削など不可能だと思っていました。 私は間違っていました。 StuderTechnology のおかげで、現在 複雑な部品を研削できています。 そして、知ってほしいことは、私たちには研削ができる従業員がいませんでした。 StuderTechnology と共にSTUDERマシンS33 に投資することは勇気ある決断でした、しかしそれは我々が行った最も良い選択でした。

107年間のノウハウ

StuderTechnology のサポートのおかげで、円筒研削盤の操作は非常にシンプルになっています。 部品品質、単価、処理時間、エネルギー効率、要するに、すべての重要な生産要因は大きな利益を得ます。 このソフトウェアの特徴は何ですか? 積み重ねてきた歴史です! 107年の研削経験が盛り込まれています。 それは研削技術、実績および長年の専門知識からできた公式の組み合わせからできています。 このプログラムには、さまざまなコンポーネントのために最適な加工方法を構築する、無数の研削テストのデータが含まれています。 StuderTechnology はこれらの値を使用して、応用状況に応じて使用に適したものを算出します。 現代のカメラを想像してみてください:コントロールホイール上で、様々な露出や被写体の状況のための自動プログラムを選択することができます。 各状況で最適な画像が得られます。 もちろん、自分の設定を選択することもできます。 StuderTechnology も同じように機能します。

作業時間を最大50%短縮

StuderTechnology のおかげで、あなたはもはや研削プロになる必要はありません。 操作は非常に簡単です。「原則として、生産スペシャリストとして、どのパラメータが重要かを知っておく必要があります。 今回の場合では公差だけでなく、表面あらさも重要になります。 研削砥石の仕様、ワークの材質、硬さを指定して、早く作業させたいのか、それとも表面性情を向上させたいのか選択します。 これらの値に基づいて、ソフトウェアは送り速度と速度切り替え点等を提案します。 これまでのところ、私はStuderTechnology が推奨している値をそのまま使用しています。 最初のワークピースから、すべてのケースで、問題なく動作しました」と、Drehtech AG のプロダクションマネージャーのMarcel Wagner 氏が説明しています。


個々の時間は劇的に短縮できます。 研削時間は通常25〜50% 短縮されます。 段取時間、プログラミング、資料作成時間も、ソフトウェア使用により減少できます。 オペレータはもはや最適値に近づける面倒な作業をするは必要なく、最適化パラメータ調整時間はほとんどの場合、必要ありません。 このソフトウェアを使用し続けることで、単品のコストは大幅に削減されます。 あるいは、製造量を、同じマシンで倍増することができます。 うれしい副効果として、これはエネルギー消費にも影響します、それはStuderTechnology がラベル «Bluecompetence» を受け取る理由です

優れたソリューション

StuderTechnologyは、発売以来、専門家をインスパイアしてきました。 このイノベーションは、2012年にProdex Award、2013年にINTEC Awardを受賞しました。「ソフトウェアは非常に高速で、プロセスを効果的にサポートしているため、せいぜい、プログラムによって提案された研削パラメータを個々に微調整するだけで済みます」と、
Pabst Komponentenfertigung GmbHでの研削のマスターおよびディビジョンマネージャーのStefan Köhler氏は説明しています。 そして、このユニークなSTUDERソリューションの欠点はどこにありますか? 「研削作業者は一般に用心深く、注意深く機械を扱う傾向があります。 StuderTechnologyはその壁を越えることに挑戦します」と、Fritz Studer AGのカスタマーセンターのトレーニングマネージャーであるDaniel Zürcher氏は説明しています。

« そのため完全にソフトウェアに頼ることはいくらかの克服が必要となりますが、それはどんな場合でも利益をもたらします。 »
Fritz Studer AGのカスタマーセンタートレーニングマネージャー、Daniel Zürcher氏

機能の詳細

ワーク図面か作業者がいつでも開始点を指示できます。 寸法、形状、位置、表面公差が表示されます。 ユーザにとって、機械をこの要件に適合させるために、どのように調整するかという質問が表示されます。 できるだけ早く加工しますか? それとも、できるだけ精密にしますか? また、ワークの材質、硬度、砥石の情報、クーラント情報を入力する必要があります。 こうして個々の経験からの設定値とまた生産目標値が導き出されます。


StuderTechnologyはそのような生産目標値を提案します。 「標準研削」の生産目標値は、許容誤差範囲H5/h5以下、および表面あらさRa0.3以下です。 研削取り代が多い生産目標値の設定は、特に前加工作業に使用できます。 2つの他の生産目標値設定として、より高い精度またはより高い真円度用に選択もできます。


サポートなしで最適研削条件をすぐに見つけれることはめったにありません。 ここでは、StuderTechnologyの大きな利点が発揮されています。それは、機械特性と研削サイクルの構造を考慮に入れているからです。 研削砥石とドレッシング工具は、砥石摩耗がすくなくなるために、ドレス摩耗も少なくなるため、長期間の使用ができるようになります。

まとめ: STUDER «The Art of Grinding.»

研削は専門性を要します。 StuderTechnologyによって、お客様は誰でも研削することができるツールを手に入れることができます。 専門家向けにも細かくサポートされています。 新しいティーチイン機能により、オペレータは独自のプログラムを保存できます。


優れた真円度と表面あらさのワークが保証されます。 その上、オペレーターとは関係なく、高品質で安定したプロセスを迅速に得ることができます。 所有コストの削減、研削時間の短縮、ツールコストの削減、および複雑な計算の軽減によって、生産性が50%以上向上することが度々あります。「STUDERのスペシャリストは、StuderTechnologyが マシンのセットアップとプログラミングにおいて実質的に幣社をサポートしていると話しています。 しかし、人は何かがすぐに約束されることに懐疑的です。 しかし、STUDERが約束したとおりにすべてができました。 それは感動的でもありました。」とMarcel Wagner氏は言います。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language